HOME > ウォーターベッドについて > ウォーターワールドについて

ウォーターワールドについて

WATER WORLD(ウォーターワールド)は、ドリームベッドが扱う、国内唯一のウォーターベッドブランドです。

WATER WORLDの歴史

1978年~ 【広告・認知の時代】

ドリームベッドは、その時すでにアメリカではベッドのカテゴリーの一つとしてしっかり認知されていたウォーターベッドを日本のマーケットに導入するため、ウォーターベッド事業を立ち上げました。
当時、「寝室に水を入れる」という前代未聞の考えは、日本のマーケットにはなかなか受け入れられませんでした。
そのため、「ウォーターベッド」の認知を広める活動に専念しました。

1983年~ 【技術革新】

この頃になると「WAVELESS:ウェーブレス」、つまり揺れ止めのテクノロジーが組み込まれたウォーターベッドが誕生し、普及し始めました。
アメリカだけではなく、日本でもウェーブレステクノロジーが組み込まれたウォーターベッドが発売されました。
これは、ウォーターベッドWATER WORLDブランドの誕生前夜のことです。

1986年【WATER WORLDブランド誕生】

この年、「お客様に究極の寝心地をご提供する」ことを目標とするWATER WORLDというブランドが誕生しました。
日本初のウォーターベッドのみを販売する「ウォーターベッドフェア」を東京で開催するなど、世界最高品質のウォーターマットレスを選りすぐって提供し、水の重みに耐える頑丈なベッドフレームを自社工場で製造、ご購入後のアフターケア体制も整えました。

1988年~89年【WATER WORLDのこだわりを追求】

日本にウォーターベッドブームが到来しました。
多数のメーカーがブームに便乗し、量産やコスト削減のために本来のウォーターベッドの役割をなさない商品も増えていく中、WATER WORLDは、あくまでも世界基準を遵守。
品質を保つために、ウォーターベッドの本質である浮力(パスカルの原理)を主たる反発力としたものだけにこだわり、取り扱いました。
このこだわりが後にウォーターベッドユーザー様からご支持をいただきWATER WORLDブランドのコアとなり、最大の魅力となっていきます。

1994年~96年【「サービスマーク」を特許庁より認可】

ウォーターベッド超過熱ブームが頂点を迎え、そして、過ぎていきます。
品質や寝心地、購入後のアフターサービスを軽視して、販売の拡大のみへ走っていったメーカーは、次々とウォーターベッドマーケットから影を潜めていきます。

そのような中、1995年6月23日、WATER WORLDは特許庁より、それまで築き上げてきたアフターサービス体制への信頼を象徴する「サービスマーク」の認可を受けました。ウォーターベッド業界初の出来事でした。

1999年~2004年【ウォーターベッドの新しい夜明け】

ウォーターベッドブームが終わり、他社メーカーが完全にウォーターベッドマーケットから撤退していく中、2002年12月26日東京渋谷に、WATER WORLD正規ディーラー認可店が誕生します。
WATER WORLD正規ディーラー認可店とは、「(1)ウォーターベッドを満足ゆくまで試すことができる、(2)詳しく説明を受けることができる、(3)充分なアフターケアを提供できる」という3つの条件を兼ね備えたウォーターベッドプロショップです。
また、同年2002年の全米非スプリング団体(SSA ※全米ウォーターベッドメーカーが参加する)から、ドリームベッドが品質の高いウォーターベッドを日本で提供し続けてきたことに対して「インターナショナル・サービス・オブ・エクセレンス賞」を授与いたしました。

2008年~【本物のウォーターベッドマーケットが成熟期を迎える】

ブームの衰退に左右されず、常に一定の品質を保ち続けたWATER WORLDは、ウォーターベッドを全国規模で展開する唯一のブランドとして認知されました。本当の意味での“認知”を獲得するのに、実に30年かかりました。

WATER WORLD正規ディーラー店は現在47店舗まで拡大。取扱店を含めると約150店にのぼります。

WATER WORLDはこれからも、本物のウォーターベッドだけを提供し続けるブランドとして、技術・品質にこだわってまいります。